顎関節症

顎関節症の症状

顎関節症になると、顎を動かすと音が鳴ったり、口を大きく開けられない、口を開けると痛む、噛み合わせに違和感があるなどの症状があらわれます。これは、関節円板のズレや変形が原因となっています。

顎関節症の種類

顎関節症は、主に5つの顎関節症型に分類されます。

  • 顎関節症Ⅰ型:咀嚼筋障害 咀嚼筋(咬筋や側頭筋など)の痛みがあります。
  • 顎関節症Ⅱ型:関節包・靭帯障害 顎の運動時に顎関節痛があり、触診で顎関節部に圧痛があります。
  • 顎関節症Ⅲ型:関節円盤障害 「関節円盤の復位を伴うもの」と「関節円盤の復位を伴わないもの」があります。
  • 顎関節症Ⅳ型:変形性関節症 顎関節の変形があるものを指します。
  • 顎関節症Ⅴ型 上記のⅠ〜Ⅳに該当しないものを総称しています。

症状を放っておいた場合の危険性

顎関節症を放置すると、顎周りだけでなく、歯の痛み、頭痛や肩こり、難聴、手足のしびれなど、身体全体に様々な悪影響を及ぼします。
体調の急激な悪化はありませんが、生活のクオリティには知らず知らずに影響が出てくるものです。顎関節症の症状が出たら、重症化する前に治療を行いましょう。

エスカ歯科・矯正歯科の顎関節症治療について

顎関節症の原因は、歯並びの悪さや噛み合わせの不具合、噛みぐせの偏り、歯ぎしりなどさまざまなものが考えられます。
当院の顎関節症治療は、ソフトスプリントのマウスピースを用いた治療法を採用しています。柔らかい素材なのでクッション的効果があり、関節への負担が軽減されます。
またその他、運動療法や薬物療法も場合によっては行います。

PageTop

愛知県名古屋市中村区椿町6番9号 エスカ地下街

診療時間
平日 10:00-13:00/14:30-19:30
土日 10:00-13:00/14:00-18:00

休診日:日曜(隔週)・祝日