目立たない”唇側(表側)矯正”

目立たなく、他の矯正治療に比べて低価格な唇側(表側)矯正について

唇側(表側)矯正治療は、歯の表面に装置を装着する矯正法です。そのため、装置がどうしても目立ってしまう欠点がありました。しかし近年、ホワイトワイヤーや透明なブラケットなど、目立たない装置が一般化してきたため、目立たない唇側(表側)矯正ができるようになりました。

舌側(裏側)矯正との違い

唇側(表側)矯正治療は、歯の表面に装置を装着する矯正法です。それに対して舌側(裏側)矯正は、歯の裏側に装置を装着します。

メリット

唇側(表側)矯正は、一般的なワイヤー矯正となります。ワイヤー矯正の技術は確立されているため、仕上がりの美しさに定評があり、確実な矯正が可能です。
矯正装置が舌の動きを邪魔しないため、話しにくくなることはありません。
また、価格的にリーズナブルなのも特徴です。

デメリット

ワイヤーを歯の表側に装着するため、目立たないとはいっても完全に隠れるわけではありません。

ラディアンスの特徴

ブラケットに透明な人工サファイアを使用しているため、美しく目立たないというメリットがあります。またワイヤーもホワイトなので、通常のワイヤーよりもはるかに目立ちません。そのため、タレントも多くラディアンスで治療を行っています。
もちろん仕上がりも、普通のワイヤーとなんら変わりません。

クリッピーCの特徴

ワイヤーをはめ込むように固定するブラケットです。セラミック製で、表面には耐久性の高いロジウムコーティングが施されています。ナチュラルな白さで目立たない、矯正期間が早くなるというメリットもあります。

摩擦抵抗が少なくなるため、痛みが少なく、歯が動きやすいことから矯正期間が短くなります。

唇側矯正の費用

料金はこちらからご確認ください。

PageTop

愛知県名古屋市中村区椿町6番9号 エスカ地下街

診療時間
平日 10:00-13:00/14:30-19:30
土日 10:00-13:00/14:00-18:00

休診日:日曜(隔週)・祝日